妊婦ドライバーの注意点

妊婦の車の運転には賛否両論があります。事故のリスクを考えるとそこは心配になるのは当然ですが、実際、生活に車がなくてはならないというケースだってあるでしょう。

 

特に妊娠初期は、まだ仕事を続けていたりする人がほとんどですし、妊娠したとはいえ、それまでの生活スタイルを変えることが難しいということもあり得ます。

 

車がないと物理的に歩くしかなかったり、二人目、三人目の妊娠という場合は小さいお子さんがいると車がないと不便だし、買い物など重い荷物を持つ方が体に悪いのではと悩ましい場面が多いですよね。

 

必ずしも駄目というわけではない妊婦ドライバーですが、気を付けたい点はいくつかあります。事前にしっかり把握して無理のないようにしましょう。

 

妊娠初期の運転で気を付けたいこととしては、次のことが言えます。

  • つわりの時期に無理をして運転をしないこと
  • 長時間の運転は避けること
  • 眠気が急にくることもあるので注意すること
  • 慌てないように時間に余裕をもって運転すること
  • シートベルトは締めること
  • 母子手帳を携帯すること

 

つわりなど、気分が悪い時は運転に集中できず、注意力が散漫になりがちで事故を起こしやすくなります。眠気やつわりの時期は無理をしないことが大切です。

 

よくシートベルトは妊婦は衝撃でおなかを圧迫するので流産の危険があるともいわれますし、法律上も締めなくてよいと認められていますが、実際は赤ちゃんよりも母体であるお母さんの方の死傷が原因で締めていない方より危険な確率が高いんだそうです。

 

車で気持ち悪くなる

 

どうしても苦しかったりする場合は、太ももを固定する妊婦専用のシートベルトや、おなかをカバーするストッパーなどもあります。運転の頻度が高い人は利用するのもよいでしょう。また何かあった時にすぐに赤ちゃんの存在を把握し、処置してもらえるように母子手帳の携帯も忘れずに。

 

また妊娠後期になってきてからですが、おなかが大きくなってくると、おなかがつっかえてシートを後ろに下げないと運転ができなくなります。

 

アクセルやブレーキに届かないというともう運転はできませんが、それまでにもシートを下げると普段の位置と目線がずれるので運転の感覚にすれが出てきますので、そちらも注意しましょう。

関連ページ

これがマタニティブルーなのか?まさか自分がと驚いた心境との変化と乗り越え方
知ってはいたけど、自分が経験するとなると大違い。『マタニティーブルー』私は特に、喜怒哀楽の「怒り」と「哀しみ」に苦しめられました。自分の感情なのにコントロールが効かず、それでまた自己嫌悪なんてことも。どんな風に乗り切っていったのか少しご紹介です。
妊娠初期症状の胸の張りは、マタニティー用ブラジャーで解決
最初は生理前のときのような痛みだったのですが、どんどん大きくなってこれまで使っていたブラジャーでは苦しくなるし、乳首までチクチク痛くなりだすしで、常に胸が気になる状態の妊娠初期症状の胸の張り。初期のころから下着をちゃんとそろえて乗り越えましょう。
妊娠初期の旦那さんとのコミュニケーションについて
妊娠への戸惑いは私以上の旦那さん。妊娠したとはいえ奥さんの体は見た目は何も変わりません。なんとなく気分が悪そうだな、機嫌が悪いのかな、感じているのはそんな程度でわからないのも無理がありません。妊娠初期はお互いの生活も大きくか割り出す大事な時期。しっかりコミュニケーションを取ることが大事です。
おしゃれを楽しめない
妊娠をすると、おしゃれをできない辛さや、旅行なんかに自由にいけなくなる寂しさを感じるようになりますが、最初の胎動が感じられるようになると、喜びのほうが大きくなりました。
妊娠初期の運動は、腰痛対策のストレッチなど。安定期まで控え目に!
妊娠初期とはいえ、腰痛の解消やストレス発散のためストレッチや、体を動かしたいと思うものですよね。どれくらいまでなら大丈夫なのでしょうか。無理なく適度に行うために注意点などを知っておきましょう。
授かり婚を会社に報告
妊娠の報告をいつするべきか?授かり婚、そして仕事を持っている場合に焦点を当ててみてみたいと思います。報告する相手もたくさん考えられます。両親、相手の親、職場、友達、旦那さんへのタイミングも悩んだという意見もありした。
カフェインとお寿司と予防注射
妊娠中のNG、OKについて、科学的に根拠のあるものから、古い昔からの迷信とうたがいたくなるものまで、様々あります。カフェイン、お寿司(生魚)、予防注射など、実際の妊婦さんに妊娠するまで知らなかった!というちょっとびっくりなものを紹介します。
妊娠初期の服装。靴、妊婦用レギンス、タイツから買うのがおすすめ!
妊娠したらおなかが大きくなって今までの服が着られなくなる!靴もヒールがあるものもダメだっていうしと心配になりますよね。妊娠初期のどのタイミングで買うのなら、ぺたんこ靴、妊婦用レギンス、タイツからがおすすめです。
妊娠でプロゲステロンが分泌され、アトピー性皮膚炎が悪化
持病のアトピー性皮膚炎が悪化し、妊娠初期から出産までの間痒みに苦しめられました。妊娠中は、プロゲステロンが常に分泌されるようになるためだと思います。今まで使用していた薬も使えなくなり、どんどんひどくなりましたが、少し工夫して生活することで現状維持出来るようになりました。