言いにくいけど、、結婚と同時に妊娠を報告

妊娠の報告をいつする?

 

結婚をしていて、夫婦二人とも、まして周りの家族も職場も、子作りをしていることを知っていて待ち望んでいる!という状況ではなく「いわゆる授かり婚、できちゃった婚」で仕事をしながらの場合に焦点を当ててみたいと思います。

 

結婚をしているわけではないので、まず言いにくいというのが先に来ます。

 

会社で報告する

 

授かり婚の場合、婚とついてはいますが、妊娠が分かった時にはまだ結婚をしていないわけですから、まず旦那さんにどういうかを悩むという人がほとんどです。

 

まず最初はだいたい自分で検査薬を買って調べるパターンになるわけですが、旦那さんへ検査をすること自体、話さずにしてしまうというケースも珍しくありません。そこで本当に妊娠しているようなら初めて話すという流れですよね。

 

自分自身の戸惑いもまだまだ整理しきれていない状態なわけですから無理もありません。

 

妊娠していたら産めるのだろうか?旦那さんが喜ばなかったら?仕事はどうしよう?ぐるぐる状態です。それでもはやり自分が産むという決心をして旦那さんにも同意を得たうえでさあ入籍だ!結婚だ!となるわけです。

 

授かり婚ということで、お互いの両親にはまずそこでちょっと申し訳ないながらも、おめでたいことだしと決意をして報告となります。それまでに紹介をしているとちょっとは気が楽なのですが、それはそれぞれです。

 

基本はしっかり二人が子供を産む、結婚すると決意していることを伝えること。大変なこととは思いつつも孫ができたわけですから喜んでくれるはずです。それにはしっかり報告までにしっかり二人で話し合っておくことが大事ですよね。

 

また仕事場にも、結婚と同時にの報告となりますので、恥ずかしいやら、申し訳ないやらになりがちです。しかし今の日本の風潮から言っても、授かり婚やできちゃった婚は決して珍しいことではありませんし、子供ができることは基本、喜ばれることです。

 

まずは直属の会社の上司に報告し、今後の仕事をどうするか、他の人にどう報告していくかは会社の事情にもよりますので、そこで相談に乗ってもらいましょう。

 

しかし仕事は仕事。自分自身が結婚、出産に対し、いつごろどんなスケジュールで行うつもりなのかは報告をするべきです。ただでさえ妊娠中は体調の変化も予想がつきません。大人のたしなみとしてしっかりその点も決めたうえで報告をするようにしましょう。

関連ページ

これがマタニティブルーなのか?まさか自分がと驚いた心境との変化と乗り越え方
知ってはいたけど、自分が経験するとなると大違い。『マタニティーブルー』私は特に、喜怒哀楽の「怒り」と「哀しみ」に苦しめられました。自分の感情なのにコントロールが効かず、それでまた自己嫌悪なんてことも。どんな風に乗り切っていったのか少しご紹介です。
妊娠初期症状の胸の張りは、マタニティー用ブラジャーで解決
最初は生理前のときのような痛みだったのですが、どんどん大きくなってこれまで使っていたブラジャーでは苦しくなるし、乳首までチクチク痛くなりだすしで、常に胸が気になる状態の妊娠初期症状の胸の張り。初期のころから下着をちゃんとそろえて乗り越えましょう。
妊娠初期の旦那さんとのコミュニケーションについて
妊娠への戸惑いは私以上の旦那さん。妊娠したとはいえ奥さんの体は見た目は何も変わりません。なんとなく気分が悪そうだな、機嫌が悪いのかな、感じているのはそんな程度でわからないのも無理がありません。妊娠初期はお互いの生活も大きくか割り出す大事な時期。しっかりコミュニケーションを取ることが大事です。
おしゃれを楽しめない
妊娠をすると、おしゃれをできない辛さや、旅行なんかに自由にいけなくなる寂しさを感じるようになりますが、最初の胎動が感じられるようになると、喜びのほうが大きくなりました。
妊娠初期の運動は、腰痛対策のストレッチなど。安定期まで控え目に!
妊娠初期とはいえ、腰痛の解消やストレス発散のためストレッチや、体を動かしたいと思うものですよね。どれくらいまでなら大丈夫なのでしょうか。無理なく適度に行うために注意点などを知っておきましょう。
車の運転
妊娠するとリスクを考えて控えた方がいいと思って悩むのが車の運転ですよね。しかし、妊娠中であっても、車がないと動けないし困るという状況だってあります。つわりの時期には無理しない、眠気に注意するなど、妊娠初期の頃に気を付ける点をまとめてみました。
カフェインとお寿司と予防注射
妊娠中のNG、OKについて、科学的に根拠のあるものから、古い昔からの迷信とうたがいたくなるものまで、様々あります。カフェイン、お寿司(生魚)、予防注射など、実際の妊婦さんに妊娠するまで知らなかった!というちょっとびっくりなものを紹介します。
妊娠初期の服装。靴、妊婦用レギンス、タイツから買うのがおすすめ!
妊娠したらおなかが大きくなって今までの服が着られなくなる!靴もヒールがあるものもダメだっていうしと心配になりますよね。妊娠初期のどのタイミングで買うのなら、ぺたんこ靴、妊婦用レギンス、タイツからがおすすめです。
妊娠でプロゲステロンが分泌され、アトピー性皮膚炎が悪化
持病のアトピー性皮膚炎が悪化し、妊娠初期から出産までの間痒みに苦しめられました。妊娠中は、プロゲステロンが常に分泌されるようになるためだと思います。今まで使用していた薬も使えなくなり、どんどんひどくなりましたが、少し工夫して生活することで現状維持出来るようになりました。