マタニティー用ブラジャーで、痛みも肩こりも和らぎます

私の妊娠初期症状で一番早くて、辛かったのが胸の張りだったのではないでしょうか。2〜3ヶ月にかかる時がピークでした。

 

最初は、生理前のときのような慣れた痛みと張りが続いているなという感覚だったのですが、どんどんブラジャーが苦しくなりだしたのです。体温が高くずっとだるい感じが続いていたのも原因でした。

 

排卵期から出始めるプロゲステロンというホルモンがあり、これは体温上昇作用があり妊娠するとどんどんその分泌量は増えるんだそうです。なんとくだるくて熱っぽいなという感じが続いていました。

 

まず胸が大きくなって苦しいので、ブラジャーからブラトップつきのキャミソールに下着を変えました。夏用に何枚か持っていたものです。

 

アンダーバストの苦しさは解消できたのですが、今度は肩こりがひどくなりました。大きくなる胸の重さで肩に負担がかかりだしたからです。そして敏感になる乳首がすれてピリピリと痛み、何をしていてもそこばかり気になってしょうがないという状態が続きました。

 

後は、もうマタニティー用のブラジャーを買うのが一番とは思ったのですが私の胸はどんどん大きくなるし、体重もこのころ4キロ増えたのもあり、今買ってもまた小さくなるんじゃないだろうか?と不安でなかなか踏み切れずにいました。

 

体重計

 

しかし結論から言うと早く行くべきでした。しっかりサイズの合ったブラジャーで固定することで痛みも肩こりも和らぎますし、実際お店に行ってマタニティー用のブラジャーを見てみるとさすがよくできてるなぁと感心しました。細かいことですけど、背中のフックなんかは普通のブラジャーは多くて2段の3つですが、大体のマタニティー用は4つ、5つと体の変化に柔軟に対応できる作りになっていましたし、産後も授乳に使えるとうたった商品も多く、早く買ったほうが自分も快適だし、長く使えるんだと知って、早くくればよかったと後悔したくらいです。

 

専用で作られているだけ合ってぜんぜん違いますので体の変化に合わせて下着を見に行ってみてください。ついでに他のかわいいグッズも見れますし、お母さんへ向けての気分も盛り上がりますよ。

関連ページ

これがマタニティブルーなのか?まさか自分がと驚いた心境との変化と乗り越え方
知ってはいたけど、自分が経験するとなると大違い。『マタニティーブルー』私は特に、喜怒哀楽の「怒り」と「哀しみ」に苦しめられました。自分の感情なのにコントロールが効かず、それでまた自己嫌悪なんてことも。どんな風に乗り切っていったのか少しご紹介です。
妊娠初期の旦那さんとのコミュニケーションについて
妊娠への戸惑いは私以上の旦那さん。妊娠したとはいえ奥さんの体は見た目は何も変わりません。なんとなく気分が悪そうだな、機嫌が悪いのかな、感じているのはそんな程度でわからないのも無理がありません。妊娠初期はお互いの生活も大きくか割り出す大事な時期。しっかりコミュニケーションを取ることが大事です。
おしゃれを楽しめない
妊娠をすると、おしゃれをできない辛さや、旅行なんかに自由にいけなくなる寂しさを感じるようになりますが、最初の胎動が感じられるようになると、喜びのほうが大きくなりました。
妊娠初期の運動は、腰痛対策のストレッチなど。安定期まで控え目に!
妊娠初期とはいえ、腰痛の解消やストレス発散のためストレッチや、体を動かしたいと思うものですよね。どれくらいまでなら大丈夫なのでしょうか。無理なく適度に行うために注意点などを知っておきましょう。
車の運転
妊娠するとリスクを考えて控えた方がいいと思って悩むのが車の運転ですよね。しかし、妊娠中であっても、車がないと動けないし困るという状況だってあります。つわりの時期には無理しない、眠気に注意するなど、妊娠初期の頃に気を付ける点をまとめてみました。
授かり婚を会社に報告
妊娠の報告をいつするべきか?授かり婚、そして仕事を持っている場合に焦点を当ててみてみたいと思います。報告する相手もたくさん考えられます。両親、相手の親、職場、友達、旦那さんへのタイミングも悩んだという意見もありした。
カフェインとお寿司と予防注射
妊娠中のNG、OKについて、科学的に根拠のあるものから、古い昔からの迷信とうたがいたくなるものまで、様々あります。カフェイン、お寿司(生魚)、予防注射など、実際の妊婦さんに妊娠するまで知らなかった!というちょっとびっくりなものを紹介します。
妊娠初期の服装。靴、妊婦用レギンス、タイツから買うのがおすすめ!
妊娠したらおなかが大きくなって今までの服が着られなくなる!靴もヒールがあるものもダメだっていうしと心配になりますよね。妊娠初期のどのタイミングで買うのなら、ぺたんこ靴、妊婦用レギンス、タイツからがおすすめです。
妊娠でプロゲステロンが分泌され、アトピー性皮膚炎が悪化
持病のアトピー性皮膚炎が悪化し、妊娠初期から出産までの間痒みに苦しめられました。妊娠中は、プロゲステロンが常に分泌されるようになるためだと思います。今まで使用していた薬も使えなくなり、どんどんひどくなりましたが、少し工夫して生活することで現状維持出来るようになりました。