妊娠がわかったらマタニティウェアってすぐ必要?

妊娠初期の服装はどうすればいいでしょうか。「ヒールのある靴はダメだ」というのは、最初のうちから気を付けて、早めに切り替えたいことの一つですが、妊娠してからの服装って悩みますよね。

 

特に、妊娠初期に仕事を続けいる場合だと、急にカジュアルな服装に変えられない場合もあります。でもおなかを締め付けたりするのはやっぱり心配だと思ってしまいますよね。

 

実はおなかは妊娠初期の頃からそんなに出てきません。4か月に入っても普通にそれまでの服が着れたなんて言う人もざらにいます。あまり最初のうちからマタニティウェアをそろえてしまうと、長い妊娠期間のうちに季節が変わってしまい、また買いなおさないといけないなんてことにもなってしまいます。

 

妊娠初期のお腹の大きさ

 

出産、育児に向けても出費は抑えるに越したことはないので、無駄なくできれば長く使えるものをタイミングよく選びたいですよね。

 

そこでまず私のおすすめが、靴から選んでそれに合わせて、長く使えるアイテムをそろえていくというものです。出産してからもしばらくは赤ちゃんを抱っこしての大荷物なのでぺたんこ靴は長くはけます。会社にもはいていけるようなキレイ目だけど歩きやすいぺたんこ靴をまずは揃えましょう。靴が決まれば自然と他の服も選びやすくなります。

 

そして次のおすすめなのが妊婦用レギンスとタイツです。太ももから下は普通のものと変わりませんが、おなか周りが臨月まで対応できるように広くなります。ある程度締め付けもありますので、実は妊娠していなくても普通にはけます。さらに妊婦さん用はおなかの部分の長さもあるので冷えないという効果も。

 

繰り返し使えますし、レギンスやタイツがあればしばらくは持っているワンピースや長めのシャツで間に合います。あとは季節関係なく使える記事でロングスカートをゴム素材で少しそろえるというのもおすすめです。

 

しかしロングスカートは足を出していなくても案外冷えるので中にタイツやレギンスを組み合わせるのがおすすめ。ゴム素材は産婦人科の診察の時におなかをすぐに出せるし便利なので重宝しますよ。

 

妊娠したからと焦ってマタニティウェアをそろえるのではなく、妊娠初期の服装は、まずはこの基本で着まわしのきくものを最初に持っておいて、大きくなるおなかと季節に合わせてゆっくり選ぶのがいいですよ。

関連ページ

これがマタニティブルーなのか?まさか自分がと驚いた心境との変化と乗り越え方
知ってはいたけど、自分が経験するとなると大違い。『マタニティーブルー』私は特に、喜怒哀楽の「怒り」と「哀しみ」に苦しめられました。自分の感情なのにコントロールが効かず、それでまた自己嫌悪なんてことも。どんな風に乗り切っていったのか少しご紹介です。
妊娠初期症状の胸の張りは、マタニティー用ブラジャーで解決
最初は生理前のときのような痛みだったのですが、どんどん大きくなってこれまで使っていたブラジャーでは苦しくなるし、乳首までチクチク痛くなりだすしで、常に胸が気になる状態の妊娠初期症状の胸の張り。初期のころから下着をちゃんとそろえて乗り越えましょう。
妊娠初期の旦那さんとのコミュニケーションについて
妊娠への戸惑いは私以上の旦那さん。妊娠したとはいえ奥さんの体は見た目は何も変わりません。なんとなく気分が悪そうだな、機嫌が悪いのかな、感じているのはそんな程度でわからないのも無理がありません。妊娠初期はお互いの生活も大きくか割り出す大事な時期。しっかりコミュニケーションを取ることが大事です。
おしゃれを楽しめない
妊娠をすると、おしゃれをできない辛さや、旅行なんかに自由にいけなくなる寂しさを感じるようになりますが、最初の胎動が感じられるようになると、喜びのほうが大きくなりました。
妊娠初期の運動は、腰痛対策のストレッチなど。安定期まで控え目に!
妊娠初期とはいえ、腰痛の解消やストレス発散のためストレッチや、体を動かしたいと思うものですよね。どれくらいまでなら大丈夫なのでしょうか。無理なく適度に行うために注意点などを知っておきましょう。
車の運転
妊娠するとリスクを考えて控えた方がいいと思って悩むのが車の運転ですよね。しかし、妊娠中であっても、車がないと動けないし困るという状況だってあります。つわりの時期には無理しない、眠気に注意するなど、妊娠初期の頃に気を付ける点をまとめてみました。
授かり婚を会社に報告
妊娠の報告をいつするべきか?授かり婚、そして仕事を持っている場合に焦点を当ててみてみたいと思います。報告する相手もたくさん考えられます。両親、相手の親、職場、友達、旦那さんへのタイミングも悩んだという意見もありした。
カフェインとお寿司と予防注射
妊娠中のNG、OKについて、科学的に根拠のあるものから、古い昔からの迷信とうたがいたくなるものまで、様々あります。カフェイン、お寿司(生魚)、予防注射など、実際の妊婦さんに妊娠するまで知らなかった!というちょっとびっくりなものを紹介します。
妊娠でプロゲステロンが分泌され、アトピー性皮膚炎が悪化
持病のアトピー性皮膚炎が悪化し、妊娠初期から出産までの間痒みに苦しめられました。妊娠中は、プロゲステロンが常に分泌されるようになるためだと思います。今まで使用していた薬も使えなくなり、どんどんひどくなりましたが、少し工夫して生活することで現状維持出来るようになりました。