ついつい、イライラ。旦那とケンカしてばかり

妊娠が分かって嬉しいけどやっぱり分からないことばかりで不安な私。一番そばで喜んで支えてほしい旦那さんはというと…

 

旦那さんといえば、頭では分かっているんだろうけど、妊娠前と変わらず遅く帰ったり、友達と会ったり。いろいろ話したいのに、家ではスマホとテレビの画面を見ている時間の方が長い状態。妊娠初期の不安定なホルモンバランスのせいで、こっちはただでさえ情緒不安定なのに!

 

妊娠前のイメージでは生まれてくる赤ちゃんのことを夢いっぱいああでもない、こうでもないと仲良く話したいのに、ついついイライラとぶつけてケンカになるなんてこともよく聞く話ですよね。

 

私の場合、イライラしても、ケンカをしてもなんだかそれだけでおなかの赤ちゃんに悪い影響が出そうで、思ったことも言えず我慢してしまうなんて余計にストレスとためるような状況にもなりました。

 

そんな中、ふっと旦那も私と同じに、いやそれ以上に戸惑っているんだなと感じる出来事がありました

 

ある日、私の実家の母が一度、検診に付き添って初孫のエコーを見たいと言い出したのがきっかけで両親とも上京することになったのですが、そのときに父親も弟夫婦も集まって夕飯を食べたんです。弟夫婦にはもう2歳の子供がいました。お酒が好きだった以前なら張り切って晩酌をしていたのですがさすがに無理なのでお酒は飲めずちょっとすね気味だったのですが、自然と男同士の旦那と父と弟と、私と母と弟のお嫁さんと2歳の子のの女子グループに分かれて話し込むようになりました。

 

家族団らん

 

みんなが帰ってから旦那が今までよりなんだかぎこちないけど優しくなったんです。どうやら父や弟が旦那にいろいろアドバイスしてくれたようでした。また旦那の方からもいろいろ相談していたとも弟から聞いてびっくりしたんです。

 

私は自分の体の変化と共にいやでも気持ちの準備が進んでいくものですが、考えてみると旦那はそうはいかないのも当然です。妊娠初期特有でイライラしがちでなかなかゆっくり話すというのは難しかったのですが、今思えばもっと私からも話しかけるべきだったなとちょっとだけ反省もあります。

 

しかしそれは難しいこともあるので、先輩パパと話す機会を作ってもらうのはオススメです。

関連ページ

これがマタニティブルーなのか?まさか自分がと驚いた心境との変化と乗り越え方
知ってはいたけど、自分が経験するとなると大違い。『マタニティーブルー』私は特に、喜怒哀楽の「怒り」と「哀しみ」に苦しめられました。自分の感情なのにコントロールが効かず、それでまた自己嫌悪なんてことも。どんな風に乗り切っていったのか少しご紹介です。
妊娠初期症状の胸の張りは、マタニティー用ブラジャーで解決
最初は生理前のときのような痛みだったのですが、どんどん大きくなってこれまで使っていたブラジャーでは苦しくなるし、乳首までチクチク痛くなりだすしで、常に胸が気になる状態の妊娠初期症状の胸の張り。初期のころから下着をちゃんとそろえて乗り越えましょう。
おしゃれを楽しめない
妊娠をすると、おしゃれをできない辛さや、旅行なんかに自由にいけなくなる寂しさを感じるようになりますが、最初の胎動が感じられるようになると、喜びのほうが大きくなりました。
妊娠初期の運動は、腰痛対策のストレッチなど。安定期まで控え目に!
妊娠初期とはいえ、腰痛の解消やストレス発散のためストレッチや、体を動かしたいと思うものですよね。どれくらいまでなら大丈夫なのでしょうか。無理なく適度に行うために注意点などを知っておきましょう。
車の運転
妊娠するとリスクを考えて控えた方がいいと思って悩むのが車の運転ですよね。しかし、妊娠中であっても、車がないと動けないし困るという状況だってあります。つわりの時期には無理しない、眠気に注意するなど、妊娠初期の頃に気を付ける点をまとめてみました。
授かり婚を会社に報告
妊娠の報告をいつするべきか?授かり婚、そして仕事を持っている場合に焦点を当ててみてみたいと思います。報告する相手もたくさん考えられます。両親、相手の親、職場、友達、旦那さんへのタイミングも悩んだという意見もありした。
カフェインとお寿司と予防注射
妊娠中のNG、OKについて、科学的に根拠のあるものから、古い昔からの迷信とうたがいたくなるものまで、様々あります。カフェイン、お寿司(生魚)、予防注射など、実際の妊婦さんに妊娠するまで知らなかった!というちょっとびっくりなものを紹介します。
妊娠初期の服装。靴、妊婦用レギンス、タイツから買うのがおすすめ!
妊娠したらおなかが大きくなって今までの服が着られなくなる!靴もヒールがあるものもダメだっていうしと心配になりますよね。妊娠初期のどのタイミングで買うのなら、ぺたんこ靴、妊婦用レギンス、タイツからがおすすめです。
妊娠でプロゲステロンが分泌され、アトピー性皮膚炎が悪化
持病のアトピー性皮膚炎が悪化し、妊娠初期から出産までの間痒みに苦しめられました。妊娠中は、プロゲステロンが常に分泌されるようになるためだと思います。今まで使用していた薬も使えなくなり、どんどんひどくなりましたが、少し工夫して生活することで現状維持出来るようになりました。