トイレの回数が劇的に増えた!

日ごろトイレに行く回数が人より少なかった私にとって、トイレに行きたくなる回数が増えることはわずらわしかったです。1日に2〜3回行けば事足りていたところ、5回も6回もトイレに行くとなると、ものすごくトイレに行っている感覚になりました。

 

まず朝起きて1回、朝ごはんを食べてもう1回、お昼ごはんの前、おやつの前…など、さっきもトイレに来たなという感じでした。出かける際は特に大変で、出かける前に行っていても、必ず出先でトイレに行きたくなります。

 

出先でトイレに行くにあたり、きれいなトイレが設置された場所を選んで外出していました。感染などはないとは思うけど、ヘルペスなどの感染のリスクがないとは言えないので…。

 

知っていたとは言え、子宮が大きくなることにより、こんなに膀胱が圧迫され、尿意を感じるとは思ってもいませんでした。

 

トイレ

 

また、私の場合はよく下痢をしていました。もともと便通はよく、1日最低1回は必ずお通じがあり、普通便でしたが、日に何度かお通じがあるようになり、下痢まではいかないにしても柔らかく、少しおなかが絞るような痛みがときにありました。これについても、またトイレに行きたくなったなという感覚で、なかなか慣れるまでに時間がかかりました。

 

妊娠中期のころになると、トイレに行きたくなる回数が増えることに関しては徐々に落ち着き、妊娠前と同じようにとはいかなかったですが、5回までくらいに減少しました。また排便に関しても少しずつ元のような便性状に戻っていき、回数も1日1回から2回に戻りました。

 

妊娠後期になると、あまり今までのように動くこともできませんし、子宮で腸を圧迫されてか、だんだん便秘傾向になっていきました。便を柔らかくする薬も処方され、飲むよう指導されたほどです。

 

妊娠期間通して、下痢傾向になったり便秘気味になったりと様々な状態になりましたが、今まで便秘というものを経験したことがなかったため、新鮮な気持ちにもなりました。

関連ページ

ポッカレモン、果物、手作りジュース。毎日酸っぱいものを…
妊娠すると酸っぱいものが欲しくなると知っていましたが、こんなに酸っぱいものが欲しくなるとは思っていなかったです。ポッカレモン、果物、手作りジュースなど、毎日3食、おやつ、飲み物と、酸っぱいものばかり飲んだり食べたりしていました。
下腹部痛は、陣痛よりも痛かった…。出血せずに流産してたらと焦る!
ほとんどの人が妊娠初期に経験する下腹部痛。私も何度も経験しましたが、一度起き上がれないほどの痛みを経験し、とても不安に思いました。出血せずに流産してたらと焦ったほど。今振り返ると初期の陣痛よりもはるかに痛かったです。
眠気と無気力
妊娠中、食事と最小限の家事をする以外はずっと眠っており、1日のほとんどを寝て過ごしていました。眠気もありますが、無気力や気だるさも強く、何をするにも無気力でやる気も出ず、そのうえ眠たいからずっと眠っていました。
空腹になると気持ち悪い食べづわり。食べ続けたのに体重は減る!?
空腹になると気持ち悪くなる食べづわりでした。嘔吐する苦しみはないけど、昼夜関係なく常に何かを食べなくてはいけないため、食べることが好きな私でもまた食べなくちゃいけないのかという感覚になったほどです。
妊娠したら、匂いが敏感に。あらゆるものが臭いと感じるように
ごはん、花、芳香剤、下水、流し台、冷蔵庫…。今まで感じたことのないような臭いやそれまで何ともなかった匂いが、妊娠を境に一気に臭いと感じるようになりました。それを機に様々なところの掃除をするようになり、よかったり悪かったりでした。
妊娠初期から、おりものの量が増えた、臭い、粘度が増した!
妊娠前から多かったおりものでしたが、比べ物にならないほど量が増え、臭いがきつくなり、さらに粘度が増しました。不快感が強く、トイレに行くたびに視界に入ってしまうため、嫌な気持ちが常にありました。
免疫力が下がるため、風邪を引きやすく。常にうがいで対策
妊娠で免疫力が下がっていることで、手洗いうがいを行わないとすぐに風邪をひいてしました。普段からそんなに手洗いうがいをする習慣がなかった私にとって、うっかり何かを口にしてしまうことは多く、習慣化する前であった妊娠初期は風邪が治ったなと感じるときにはまた風邪をひくといった具合に繰り返していました。
乳輪が茶黒色に変化、白いぷつぷつ…。下着はユニクロのブラトップ
妊娠中期が近づくころ、胸に様々な変化が現れました。胸の張りだけでなく痛み、かゆみ、形の変化、色の変化。乳輪が茶黒色に変化、白いぷつぷつなど。胸が張ることは知っていましたが、他のことは知らなかったので、こんなにも変化していく自分の胸が面白く感じるほどでした。下着はユニクロのブラトップを着用していました。