食べても食べても気持ち悪い、食べづわりでした。

私の場合、食べづわりで、食べても食べても気持ち悪く、常に何かを食べていました。嘔吐する苦しさはないため、よかったね、楽だね、などと言われがちですが、食べづわりもきついんだ!と声を大にして言いたかったです。それどころか、「食べづわり? 何それ?つわりじゃなくない?」と言う人もいて、これはこれできついのになと思っていました。

 

1度にたくさん食べるとまた食べ過ぎで気持ち悪くなり、今までの量の半分ほどしか食事は取れなくなり、その分2時間後くらいに残った食事を食べたり、パンやおにぎりを食べたりしていました。外出先でも、気持ち悪くなったらすぐに食べれるようにパンやおにぎり、飴などをかばんに忍ばせて外出していました。
食べづわりで、特にしんどかったのは夜中に空腹になるため、気持ち悪くて目が覚めてしまうことで、頭もとにパンやおにぎり、飲み物を置いて寝て、目が覚めると食べ、ある程度満たされるとまた気持ち悪さが落ち着くため、就寝するという状態でした。気持ち悪くて目が覚めるのは気分的にも不快で、やだな、早く終わればいいのにと感じていました。

 

夕ごはんも普通に食べ、寝る直前にもがっつりチキン南蛮などが入ったサンドイッチを食べる私を夫が不思議そうに、あるいは少し冷めた目で毎日見ていましたが、それでも気持ち悪くなるため仕方ないといった感じでした。

 

食べづわり

 

そんなふうに食べ物を摂取していたのに、どんどん体重は落ち、妊娠前と比べると2.5キロ減りました。回数は多くても、1回1回の量がそれほど食べれなかったからかなと思います。そこから体重増量が始まりました。

 

おなかが減ると気持ち悪くなるため、食べ物を食べておかなくてはいけないのに、食べ物を食べすぎるとそれはそれで気持ちが悪くなるという、どうしたらいいの?という食べづわりの状態が続き、3〜4か月ほどでぴたっと気持ち悪くなるのがなくなり、それまでと同じ量食べれるようになり、空腹時にも少しは気持ち悪くなりますが、我慢できるほどになりました。

 

結局気持ち悪くても空腹のため、戻すことができなかったので、1度も妊娠期間中に嘔吐することはありませんでした。

関連ページ

ポッカレモン、果物、手作りジュース。毎日酸っぱいものを…
妊娠すると酸っぱいものが欲しくなると知っていましたが、こんなに酸っぱいものが欲しくなるとは思っていなかったです。ポッカレモン、果物、手作りジュースなど、毎日3食、おやつ、飲み物と、酸っぱいものばかり飲んだり食べたりしていました。
下腹部痛は、陣痛よりも痛かった…。出血せずに流産してたらと焦る!
ほとんどの人が妊娠初期に経験する下腹部痛。私も何度も経験しましたが、一度起き上がれないほどの痛みを経験し、とても不安に思いました。出血せずに流産してたらと焦ったほど。今振り返ると初期の陣痛よりもはるかに痛かったです。
眠気と無気力
妊娠中、食事と最小限の家事をする以外はずっと眠っており、1日のほとんどを寝て過ごしていました。眠気もありますが、無気力や気だるさも強く、何をするにも無気力でやる気も出ず、そのうえ眠たいからずっと眠っていました。
妊娠でトイレが近くなる。おしっこの回数も、下痢でお通じも…
トイレに行きたくなる回数が妊娠前と比べ、倍以上に増えてしまいました。尿意もすぐに感じますし、下痢気味になったため便通も良すぎるほどで、それによりさらにトイレに行く回数が増えました。普段、トイレに行く回数が少なかったため、トイレに行くために動くのがわずらわしかったです。
妊娠したら、匂いが敏感に。あらゆるものが臭いと感じるように
ごはん、花、芳香剤、下水、流し台、冷蔵庫…。今まで感じたことのないような臭いやそれまで何ともなかった匂いが、妊娠を境に一気に臭いと感じるようになりました。それを機に様々なところの掃除をするようになり、よかったり悪かったりでした。
妊娠初期から、おりものの量が増えた、臭い、粘度が増した!
妊娠前から多かったおりものでしたが、比べ物にならないほど量が増え、臭いがきつくなり、さらに粘度が増しました。不快感が強く、トイレに行くたびに視界に入ってしまうため、嫌な気持ちが常にありました。
免疫力が下がるため、風邪を引きやすく。常にうがいで対策
妊娠で免疫力が下がっていることで、手洗いうがいを行わないとすぐに風邪をひいてしました。普段からそんなに手洗いうがいをする習慣がなかった私にとって、うっかり何かを口にしてしまうことは多く、習慣化する前であった妊娠初期は風邪が治ったなと感じるときにはまた風邪をひくといった具合に繰り返していました。
乳輪が茶黒色に変化、白いぷつぷつ…。下着はユニクロのブラトップ
妊娠中期が近づくころ、胸に様々な変化が現れました。胸の張りだけでなく痛み、かゆみ、形の変化、色の変化。乳輪が茶黒色に変化、白いぷつぷつなど。胸が張ることは知っていましたが、他のことは知らなかったので、こんなにも変化していく自分の胸が面白く感じるほどでした。下着はユニクロのブラトップを着用していました。