起き上がることができないほどの下腹部痛に見舞われた!

妊娠検査薬で陽性が出てから病院に行くまでの間に、何度も下腹部痛があり「赤ちゃん大丈夫かな、流産とかしてないかな」といつも不安でした。

 

1度、起き上がれないほどの下腹部痛がありました。夜中に寝ていると、激痛で目が覚め、そこから痛みで眠れなくなり、朝も起き上がることもできませんでした。狭いアパートに住んでいましたが、すぐそこのトイレに行くまでも這って行き、戻ってくるまで30分もかかるほど痛くて、食事も水分も取らず、トイレ以外はずっと寝ていました。

 

そのような状況だったので、病院に行くこともままならず、どうすることもできず、とても不安に思いずっと泣いていました。母親や出産を経験した友達に連絡を取り、こんな経験はないかと聞いてみましたが、どの返答も自分にはなかったとのこと。さらに不安な気持ちになりました。次の日に痛みは続いていたものの、ゆっくりなら動けるほどになっていたため、病院に行き、診察を受け、妊娠確定の診断を受け、とても安心したことを覚えています。

 

実は、私は看護師をしており、妊娠初期に下腹部痛があることは知識としてありましたが、想像していたよりもはるかに上の痛みに、何か異常があるのではないか、出血はしていないから流産ではないだろうけど、もしかしたら「出血せずに流産していることがあるのでは」と、とても焦り、冷静さを欠いており、看護師らしからぬといったかんじでした。

 

下腹部痛に不安な思いの私

 

このころの下腹部痛があまりにも痛かったため、実際に陣痛がきても、
「これが陣痛?あの時のほうが痛かったから、これは陣痛じゃないよね?」
「いや、でも規則的に痛みが来てるから陣痛なのかな?」
といった感じで、本当に陣痛がきてもわからず、病院の助産師さんに相談の電話をし、とりあえず診察してみましょうという形で入院しました。

 

助産師さんからは「我慢強いから陣痛がわからなかったんだよ」と言われましたが、このことがあったから本当に分からなかったし、またあの下腹部痛の痛みがきて流産にでもなったらと思うと本当に仲のよい友達にしか妊娠の報告もできず、妊娠初期は嬉しいけど不安の方が大きかったです。

関連ページ

ポッカレモン、果物、手作りジュース。毎日酸っぱいものを…
妊娠すると酸っぱいものが欲しくなると知っていましたが、こんなに酸っぱいものが欲しくなるとは思っていなかったです。ポッカレモン、果物、手作りジュースなど、毎日3食、おやつ、飲み物と、酸っぱいものばかり飲んだり食べたりしていました。
眠気と無気力
妊娠中、食事と最小限の家事をする以外はずっと眠っており、1日のほとんどを寝て過ごしていました。眠気もありますが、無気力や気だるさも強く、何をするにも無気力でやる気も出ず、そのうえ眠たいからずっと眠っていました。
空腹になると気持ち悪い食べづわり。食べ続けたのに体重は減る!?
空腹になると気持ち悪くなる食べづわりでした。嘔吐する苦しみはないけど、昼夜関係なく常に何かを食べなくてはいけないため、食べることが好きな私でもまた食べなくちゃいけないのかという感覚になったほどです。
妊娠でトイレが近くなる。おしっこの回数も、下痢でお通じも…
トイレに行きたくなる回数が妊娠前と比べ、倍以上に増えてしまいました。尿意もすぐに感じますし、下痢気味になったため便通も良すぎるほどで、それによりさらにトイレに行く回数が増えました。普段、トイレに行く回数が少なかったため、トイレに行くために動くのがわずらわしかったです。
妊娠したら、匂いが敏感に。あらゆるものが臭いと感じるように
ごはん、花、芳香剤、下水、流し台、冷蔵庫…。今まで感じたことのないような臭いやそれまで何ともなかった匂いが、妊娠を境に一気に臭いと感じるようになりました。それを機に様々なところの掃除をするようになり、よかったり悪かったりでした。
妊娠初期から、おりものの量が増えた、臭い、粘度が増した!
妊娠前から多かったおりものでしたが、比べ物にならないほど量が増え、臭いがきつくなり、さらに粘度が増しました。不快感が強く、トイレに行くたびに視界に入ってしまうため、嫌な気持ちが常にありました。
免疫力が下がるため、風邪を引きやすく。常にうがいで対策
妊娠で免疫力が下がっていることで、手洗いうがいを行わないとすぐに風邪をひいてしました。普段からそんなに手洗いうがいをする習慣がなかった私にとって、うっかり何かを口にしてしまうことは多く、習慣化する前であった妊娠初期は風邪が治ったなと感じるときにはまた風邪をひくといった具合に繰り返していました。
乳輪が茶黒色に変化、白いぷつぷつ…。下着はユニクロのブラトップ
妊娠中期が近づくころ、胸に様々な変化が現れました。胸の張りだけでなく痛み、かゆみ、形の変化、色の変化。乳輪が茶黒色に変化、白いぷつぷつなど。胸が張ることは知っていましたが、他のことは知らなかったので、こんなにも変化していく自分の胸が面白く感じるほどでした。下着はユニクロのブラトップを着用していました。