食べたい食べたい食欲旺盛つわり?!

今、振り返ると、妊娠初期の症状だったんだと感じます。私の周りには、妊娠している友人が多く、特に妊娠初期には、ほぼ全員がいわゆる、つわりに苦しんでいました。ですので、「自分もいつかきっとみんなと同じように、つわりになるんだ。」と、根拠もなく勝手に思っていました。ところが、そんな状態には全くならなかったのです。ですが、やたら食欲があってたまりませんでした。

 

この頃は、仕事もしていたので、勝手に食べることはできなかったのですが、時間を見つけてやたらとお菓子を食べていました。特に、夕方位は食べていないと、気持ちが悪くなったり、集中できなかったりしました。どうしてこうなるのか…、これもホルモンバランスの影響です。赤ちゃんの成長を促すために、体が脂肪を溜め込もうとして中枢を刺激し、食欲が増していきますので、自然なことなのです。

 

ただ、この調子で進むと体重増加は否めません。私自身も医者に「このペースで増加していくことはダメ!」と、強く注意されました。4週に1度測定のときに2kgずつ増えていたので言われて当然ですが、妊娠初期から言われていたわけではなくて、20週位から言われ始めました。「もっと早い段階から言ってくれれば良いのに…」とも思いました。今は、人生の最高体重更新中です(悲)

 

体重

 

だから、このときから気を付けていれば…と、後悔しました。みなさんには、そうなってほしくないので、食べても良いですが、食べるときの注意として、少しずつ食べること、カロリーが低いゼリーなどでお腹を満たすこと、お茶を飲むことなどをおすすめします。また、前日に食べ過ぎたかな? とか、カロリーが高い食事だったなと思い当たることがあれば、次の日の1食くらいは量を減らすなどしても有りです。

 

余りにも考え過ぎると、余計にストレスが溜まり、食欲が増して間食してしまうことになるため、ほどほどにしましょう。後は、親世代が問題です。妊娠だと分かったら、やたら食べさせようしますが、今の時代は栄養は十分にあるので、普段から変わらない食事が意識できれば1番です。

 

医者に言われたことと、自然分娩をしたいことで、体重増加防止のために、間食禁止(食べちゃう私もいます(涙))、19時までに夕飯を済ませる、調子が良いときは歩くなどをしています。おかげで、2週に1kg増だったのが、30g増に変化してきました。赤ちゃんの体重も、グラフで大きめだったのが、標準になってきたので、少しだけホッとしています。

関連ページ

ホルモンバランスの変化で精神が不安定。責任感強い、完璧主義は注意
良い大人なのに、ホルモンバランスの変化で、精神的に不安定になったり、何でもないことで急に泣き出したり…と、精神不安期が訪れることがありますが、心配することはないです。結構誰でも起こることなのです。
仕事中や、車の運転中、眠くなったら…。
妊娠初期の頃は、やたらと眠くて、運転することも恐ろしい位の睡魔でした。みなさんの中にもこの睡魔はどこからくるんだろうと、思っている人もいるかもしれません。普通に生活しているのに、本当に困りますね。
胎動がないので不安…。20週目で初めての胎動!赤ちゃんを実感
胎動を感じるまでの期間、本当にお腹に赤ちゃんがいるのか、実感がもてませんでした。産婦人科に受診をすれば、超音波写真をもらますが、日常生活を送っているだけでは気付くことができないです。
私が産婦人科を決めた理由。ネットの口コミより、友達ママさん情報
出産とは、生死の境目を感じる瞬間でもあります。妊婦さん自身の命も赤ちゃんの命も大切に考えてくれて、自分に合っている病院が見つかると良いですね。ネットの口コミより、友達ママさん情報が役に立つこともありますので、ぜひいろいろな人に聞いてみましょう。
産休・育休なしでも、早めに退職すると出産手当金をもらえない!
妊娠したと分かったときに、いつ位に職場に伝えるか、悩むと思います。私は臨時職員だったので、産休・育休なし。すぐに退職したら、出産手当金をもらえないということがわかりました。そして、実際に仕事を辞めるという決断をするときに自分の気持ちの変化や過ごし方、今までの生活との違いがでます。これらについてを書いています。
妊娠中の旅行で出血。カンジダ症にかかっていることも発覚
妊娠中、沖縄旅行に行って帰ってくると、下着に出血が。さらに、カンジダ症にかかっていることも発覚しました。今までアクティブだった人は、パっと動きたくても動けない状態がもどかしく感じることがあります。慣れるまでの辛抱なのですが、気持ちでもバランスをとっていくことが難しいです。結果、体が悲鳴をあげてしまいました。
お酒とコーヒーが好きな私が、代わりに飲んでいたもの
元々飲むことが好きな人にとっては、お酒やコーヒー(カフェイン)を飲めない生活が妊娠するとスタートします。どうやって気持ちを切り替えているか、代わりに飲んでいたものをまとめました。たとえば、ノンアルコール飲料のフォレスティ森のソーダ、ネスカフェゴールドブレンドのカフェインレスなどです。
旦那さんの実家への報告
両親との関係が良好な方は、より良い関係になっていくことと感じます。赤ちゃんができたことを喜んでくれるのは、自分たち以上に両家の両親でもあります。特に、旦那さんの実家への報告のタイミングや相談は重要です。お義母さん、お義父さんとの関係も築いていきましょう。
行政の子育て支援に参加するメリット
妊婦さん経験が初めての場合は、自分の身体の変化に戸惑ったり、赤ちゃんグッズを揃えることも困ったりすることが多いです。そんなときは、市区町村など行政の子育て支援に参加し、たくさんの先輩ママさんに会って話を聞くことをおすすめします。赤ちゃんグッズのお店、産婦人科なども行っています。
下着、ブラジャーの選び方
妊婦さんの下着の選び方についてまとめています。西松屋のブラジャー、ユニクロのブラトップ、ローライズのショーツ、腹帯など画像付きです。少しずつ身体は変化いていきますが、今までの下着がきつくなったり、合わなくなったりしてきます。1サイズ大きくなると思うとよいでしょう。